台湾、2021年の休日116日 旧正月は7連休

台湾、2021年の休日116日 旧正月は7連休
(台北中央社)行政院人事行政総処は28日、2021年の行政機関の執務カレンダーを公表した。年間休日数は今年より1日多い116日で、旧正月(春節)の連休は今年と同じ7日間となる。

来年の旧暦1月1日は2月12日。旧正月に伴う連休は旧暦小晦日(こつごもり)の2月10日から同16日までとなる。

その他の3日以上の連休は次の通り。2021年開国記念日1月1日~3日▽平和記念日2月27日~3月1日▽児童節・清明節4月2日~5日▽端午節6月12日~14日▽中秋節9月18日~21日▽国慶節10月9日~11日▽2022年開国記念日12月31日~再来年1月2日。2月20日と9月11日は振替出勤日に設定される。

(顧セン/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月28日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。