台湾、2機関3社でワクチンを開発中 年内に臨床試験開始へ 新型コロナ

台湾、2機関3社でワクチンを開発中  年内に臨床試験開始へ  新型コロナ
台湾、2機関3社でワクチンを開発中 年内に臨床試験開始へ 新型コロナ=写真はイメージ、ピクサベイから
(台北中央社)中央感染症指揮センターは3日、台湾の研究機関2機関とバイオテクノロジー業界の3社が新型コロナウイルスのワクチンの開発を進めていると明らかにした。多くは年末までに臨床試験を開始する予定だとしている。

指揮センターの梁賡義・研究開発チーム長によれば、国家衛生研究院が開発中のワクチンは早ければ今秋にも臨床試験に入れる見通し。

治療薬に関しては、国内の学術研究界が候補の研究開発を積極的に進めていると説明。抗ウイルス薬「レムデシビル」については、今週中にも条件付き薬物許可証を交付する予定だとしている。

(張茗喧、許秩維/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月3日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。