国家人権博物館、特別賞受賞 移行期の正義への貢献に高い評価/台湾

国家人権博物館、特別賞受賞  移行期の正義への貢献に高い評価/台湾
カミンスキー氏(左)から賞状を受け取る謝代表=国家人権博物館提供
(台北中央社)国家人権博物館はこのほど、移行期の正義に貢献した個人や団体を表彰する「カール・ウィルヘルム・フリッケ賞」の特別賞を受賞した。同賞はドイツの団体「社会主義統一党(SED)の独裁を検証するための連邦基金」が主催。台湾時間3日午後、ドイツ・ベルリンの駐ドイツ台北代表処で授与式が開かれ、謝志偉代表(大使に相当)が代理で賞状を受け取った。

同基金の管理責任者、アンナ・カミンスキー氏は、移行期の正義において台湾はドイツの強力なパートナーだとし、それぞれが経験してきた独裁統治が全く同じではなかったとしても、多くの面で相互に学び合えると述べた。

謝代表は、中国共産党が民主化運動を武力弾圧した1989年の天安門事件から31年を迎える前日に同賞の授与が行われたことは、一種の強烈な態度表明だと語った。

同基金は1998年、連邦議会によって創設された団体で、SED独裁の解明に貢献している。東ドイツの独裁政権に抵抗したジャーナリスト、カール・ウィルヘルム・フリッケ氏の名前を冠した同賞は2017年に創設され、今年で4回目。

(鄭景ブン/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月4日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。