離島人気高まる タイガーエア機、澎湖に初上陸=マンダリンを支援/台湾

離島人気高まる  タイガーエア機、澎湖に初上陸=マンダリンを支援/台湾
離島人気高まる タイガーエア機、澎湖に初上陸=澎湖県政府提供
       
(澎湖中央社)新型コロナウイルスの感染拡大の収まりで離島観光の人気が高まっている。チャイナエアライン(中華航空)傘下の格安航空会社(LCC)、タイガーエア台湾(台湾虎航)は5日、離島・澎湖路線の運航を始めた。ニーズの高まりを受け、同グループのマンダリン(華信)航空を支援するための運航で、初便は満席となった。

国内線を運航するマンダリン航空が国際線メインのタイガーエアからエアバスA320型機をリースで調達した。タイガーエア機が馬公空港に降り立ったのは初めてで、180人を乗せた初便が着陸すると、消防車両が放水でアーチを作り歓迎した。

澎湖では6日から花火フェスが始まる。

(編集:楊千慧)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月5日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。