わんわん漂流記 野良犬から「校長」に 命の尊さ教える/台湾

わんわん漂流記  野良犬から「校長」に  命の尊さ教える/台湾
台北市の復興高校の看板犬「復校長」=新北市動物保護防疫処提供
(新北中央社)北部・新北市の保護施設に収容されていた黒い野良犬が、ふとした縁で台北市の高校に引き取られることになり、教員や生徒らに愛されて同校の看板犬になった。今では「復校長」と名付けられ、触れ合いを通じて生徒らに命の尊さを教えている。

受け入れ先の復興高校によると、復校長が同校にやってきたのは約半年前。すぐに教員や生徒らと仲良くなり、学校側は、全校生徒を対象にインターネットで名前を公募。多数の候補の中から、現在の名前が選ばれたという。

黄博明学務主任は復校長について、おとなしくて人懐こい上に、「いのち」について学ぶ授業などでは一人ひとりの生徒と触れ合い、内向的な子どもらを笑顔にさせることもあると称賛。命の大切さを知る最良の学習方法だと歓迎している。

自由気ままに校内で生徒らと交流し、暑いときには教室に入り込んで扇風機にあたり、冬場にはバスケットボールコートに横たわって寝返りを打つという復校長。かわいい姿が子どもたちの心を和ませ、無意識のうちに勉強のストレスを発散させているという。

(王鴻国/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「わんわん漂流記 野良犬から「校長」に 命の尊さ教える/台湾」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    台湾の独立派として日本軍と戦った英雄に、阿呆の安倍は謝罪して来い。

    0
この記事にコメントする

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月9日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。