陸軍のヘリコプターが硬着陸 操縦士2人が死亡/台湾

陸軍のヘリコプターが硬着陸  操縦士2人が死亡/台湾
煙が立ち上がる陸軍ヘリ硬着陸現場=新竹大小事のフェイスブックから
       
(台北中央社)16日午後3時半ごろ、陸軍航空特戦指揮部の観測ヘリコプターOH58Dが北部・新竹市の空軍基地内に硬着陸し、機長と副機長の2人が死亡した。同指揮部が明らかにした。同機は軍事演習「漢光36号」の実働演習を終えて戻ってきたところだった。硬着陸の原因は分かっておらず、陸軍が調査を進めている。

OH58Dが地面に激しく衝突する事故を起こすのは、近年では2018年3月、今年5月に続き3度目。過去2回の事故では死者はいなかった。

(游凱翔/編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月16日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。