台湾で2人感染確認=インドネシアとミャンマーから帰国 新型コロナ

台湾で2人感染確認=インドネシアとミャンマーから帰国 新型コロナ
       
(台北中央社)中央感染症指揮センターは21日、台湾で新型コロナウイルスの感染者を新たに2人確認したと発表した。インドネシアから帰国した20代男性と、ミャンマーから帰国した30代男性で、いずれも台湾人。台湾内で確認された感染者は計509人になった。

仕事で滞在していたインドネシアから帰国した20代男性は、17日から発熱や嗅覚異常などの症状があり、19日の入境時にも熱があったため、自発的に検疫官に症状を報告。空港で検体を採取された後、病院に搬送された。

仕事先のミャンマーから帰国した30代男性は17日の入境時には無症状だったものの、同日夜からせきの症状が出始め、18日には発熱や味覚異常などの症状も現れた。衛生担当機関に連絡し、検査を受けたところ、陽性と判定された。男性が帰国時に搭乗していた航空便の乗客では、すでに1人の感染が確認されていたため、男性は在宅隔離の対象とされていた。

(編集:名切千絵)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月21日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。