台南で開催の国慶節花火に50万人超 2万7千発、夜空彩る/台湾

(台南中央社)中華民国の建国記念日「双十国慶節」恒例の花火大会が10日、南部・台南市で催された。台南での開催は初めてで、市によれば50万人超が来場し、当初見込んでいた約20万人を大きく上回った。

午後8時、蔡英文(さいえいぶん)総統らが見守る中、海沿いにある安平区の漁光島で幕を開け、33分間にわたって2万7354発が打ち上げられた。地元の特色をテーマにした花火のほか、新型コロナウイルス対策に貢献した人々に敬意を表す「マスク」の花火や、国防の象徴としてミサイルや戦車の形をした花火などが夜空を彩った。

訪れた人からは「感動した」「会場に入るのに時間がかかったが、花火が美しかったので来てよかった」などの声が聞かれた。終了後、来場者の誘導は深夜まで続き、市は送迎バスや鉄道を増発させるなどして対応した。

(楊思瑞/編集:楊千慧)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月11日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。