死者4人出した台中のガス爆発 放火事件として捜査へ/台湾

(台中中央社)中部・台中市郊外の民家で先月、ガス爆発が発生し、4人が死亡した事件で、台中市政府消防局は15日、人為的な原因とする調査報告をとりまとめた。今後検察・警察当局による捜査が進められる。

事件が起こったのは先月19日。爆発の影響は近隣にも及び、家主の男性(42)と元妻(37)、男児(8)のほか、向かいに居住していた男性(73)が死亡した。

報告書によると、火元の地下室と2、3階には合計5つのガスボンベがあり、このうち2、3階に置かれた3つのガスボンベはバルブが開いた状態で、ガス管は接続されていなかった。また、3階ではライターの残骸も発見された。

(蘇木春/編集:塚越西穂)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク