台湾の国立大学、北海道名寄市と交流覚書 協力関係深化へ

台湾の国立大学、北海道名寄市と交流覚書  協力関係深化へ
ビデオ画面に映っている加藤剛士名寄市長と記念撮影する中山大学西湾学院の蔡敦浩院長=同大提供
       
(高雄中央社)南部・高雄市の国立中山大学西湾学院と北海道名寄市が16日、オンラインで国際交流に関する覚書を締結した。台湾の国立大学が日本の地方自治体と交流協定を結ぶのは初めて。

中山大学西湾学院の呉亦昕助理教授(助教)によれば、両者を結び付けるきっかけとなったのは、同大が今年1~2月に実施した海外研修。学生20人が同市に12日間滞在し、各種のボランティア活動を通じて市民らと交流した。

その後、世界で新型コロナウイルスの感染が拡大。研修に参加した学生が、同市では医療物資が不足していると聞き及び、自主的に募金活動を開始。防護服やゴーグル、医療用手袋などを購入し、同大を通じて同市社会福祉協議会に寄付したことで、双方の距離がさらに縮まった。

同院の蔡敦浩院長は、覚書を通じて共に新しい台日関係を切り開く人材を育成したいと期待を寄せるとともに、同大がシンクタンクとなって同市の地方創生に貢献することにも意欲を示した。

(侯文婷/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「台湾の国立大学、北海道名寄市と交流覚書 協力関係深化へ」の みんなの反応 2
  • saitoutoshiyuki 通報

    ="既に触れ終わった"同内容事"だがだ" ="北海道はアイヌ勢を抱えるが"台も在来系先住系を抱える"状態特色ものだ" ="そういった面事態事項側からも"交流は良いかもしれんものだ"だ"

    0
  • saitoutoshiyuki 通報

    =既に同事項別見出し側で触れ終わった"同内容事"だがだ ="北海道はアイヌ勢を抱えるが"台も在来系先住系を抱える"状態特色ものだ" ="そういった面事態事項側からも"交流は良いかもしれんものだ"だ"

    0
この記事にコメントする

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月17日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。