台北市、性的少数者支援の国際ネットワークに加入 アジア初/台湾

台北市、性的少数者支援の国際ネットワークに加入  アジア初/台湾
柯文哲台北市長=同市社会局提供
       
(台北中央社)台北市は27日、LGBTなどの性的少数者を支援する都市でつくる「レインボー・シティーズ・ネットワーク」(RCN)にアジアで初めて加入したと発表した。同市では31日、アジア最大級とされる恒例のLGBTパレードが開催される。

RCNは2012年に設立。各国の地方自治体に性的少数者への関心を高めてもらうことを目指している。台北市は柯文哲(かぶんてつ)市長が9月中旬に書類に署名。加入申請を出した後、RCNの表決を経て決まったという。同市を含めた33都市がメンバーとなっている。

台北市は、台湾で同性婚が法的に容認される前から、同性カップルの関係を認めるパートナー登録などに取り組んできた。同市は、今年のパレード開催前に加入が認められたことは特別な意義があると喜びを示した。

(李宛諭/編集:楊千慧)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月27日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。