霧社事件から90年 追悼式で犠牲者子孫ら歌や踊りささげる/台湾

霧社事件から90年 追悼式で犠牲者子孫ら歌や踊りささげる/台湾
霧社事件の記念公園で行われた追悼式の様子=南投県政府提供
       
(南投中央社)日本統治時代に起きた台湾原住民(先住民)セデック族による抗日蜂起「霧社事件」から90年を迎えた27日、中部・南投県仁愛郷にある事件の記念公園で追悼式が執り行われた。陳正昇副県長が花束と酒を供え、集落の長老や犠牲者の子孫らが歌や踊りをささげた。原住民族委員会のイチャン・パルー主任委員(閣僚)も参列した。

1930(昭和5)年、マヘボ社の頭目モーナ・ルダオが約300人を率いて日本人を襲撃、殺害。背景には統治への不満があったとされる。日本は軍や警察を動員してこれを鎮圧し、多くの犠牲者が出た。

戦後の1953年、記念碑が建てられた。1973年、記念碑の裏にモーナ・ルダオの遺骨が埋葬され、記念公園とされた。事件で戦いが繰り広げられた「マヘボ古戦場」は2019年、史跡として認定された。

同族の言語や文化の保存、継承に取り組む「セデック族言語文化学会」などは、事件から節目となる90年に合わせ、一連の追悼イベントを開催。11月末には専門家を交えたフォーラム、12月には中部・台中の静宜大で展覧会があり、12月30日と同31日には事件が起きた場所でセデック族による伝統行事「SMRATUC年祭」が催される。

(呉哲/編集:楊千慧)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月28日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。