老舗・台北アンバサダーホテル、老朽化に伴う建て替えを申請へ/台湾

老舗・台北アンバサダーホテル、老朽化に伴う建て替えを申請へ/台湾
台北アンバサダーホテル=アンバサダーホテルのフェイスブックから
       
(台北中央社)アンバサダーホテル(国賓大飯店)は3日、開業56年の歴史を誇る「台北アンバサダーホテル」(台北国賓大飯店)について、老朽化に伴う建て替えを申請すると明らかにした。詳細は検討中だとしている。産業界関係者は、観光業が新型コロナウイルス感染拡大前の水準に回復するには少なくとも2、3年はかかる可能性があるとし、国賓はこの期間を利用してリニューアルすることを決めたのではないかとの見方を示した。

国賓は「アンバサダーホテル」ブランドのホテルを台北、新竹、高雄の3カ所で展開。同社によれば、新型コロナの打撃に対応するため、新竹と高雄の店舗は国内市場にかじを切ったものの、宿泊客の7割を日本人ビジネス客が占めていた台北の店舗はコロナの影響が最も大きかった上に、ハード面の制限によってファミリー層など国内客の集客に向けて転換を図ることが比較的難しかったという。

建て替え申請について、国賓は中央社の取材に対し、先日の董事会(取締役会)で議決されたと説明。本館の裏手にある旧女性従業員寮とパン焼き場はすでに建て替え申請を提出しており、将来的には複合ビルになる予定だとしている。

外国人観光客が多く訪れる台北市中山区に位置する台北アンバサダーホテルは1964年に開業。地上17階建てで、400室余りの客室を有する。

(江明晏/編集:名切千絵)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月4日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。