中天テレビの報道チャンネル、放送再免許認められず/台湾

中天テレビの報道チャンネル、放送再免許認められず/台湾
再免許を認めない理由について説明するNCCの陳主任委員
(台北中央社)電信、通信、放送事業を監督する「国家通信伝播委員会(NCC)」は18日、中天テレビの報道チャンネルに対し、放送再免許の交付を認めない判断を下した。NCCが報道専門チャンネルの再免許を認めなかったのは初めて。中天側はフェイスブックページで、「台湾で戒厳令が解除されて以降、報道や言論の自由が最も暗黒な一日となった」「政治的な裁きだ」などと反発している。

中国寄りとされる旺旺中時メディアグループ(旺中集団)傘下にある中天。台湾の放送免許は6年で切れ、同チャンネルの期限は来月11日に迫っている。ただ、これまでNCCから複数回処罰を受けており、2018年の高雄市長選の際には、対中融和路線を打ち出す韓国瑜候補(野党・国民党)に関する内容が9割を超えていたことなどが指摘されており、審査に当たって先月末には異例となる公聴会が開かれていた。

NCCの陳耀祥・主任委員は18日、会見を開き、委員7人による全会一致で下された決定だと説明。いかなる政治的な力も介入していないと強調した。再免許を認めない理由については、中天の違法を示す証拠は非常にはっきりしているなどと説明した。視聴者からのクレームが近年、激増していることや内部統制が取れていないことも挙げた。

過去に再免許を認められなかった事業者が不服を申し立て、行政院(内閣)の委員会から処分を取り消され、最終的には再免許が下りた例もある。この可能性について、陳主任委員は「準備を進める」と答えた。

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「中天テレビの報道チャンネル、放送再免許認められず/台湾」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    オーナーは煎餅屋。 旺旺せんべいは日本のスーパーでも見た事あるけど、本家の雪の宿を買うわな。

    1
  • KMTsux 通報

    國民党は中國に帰れば

    0
この記事にコメントする

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月18日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。