台湾、マスクの配給枚数を調整 14日間10枚へ 来年元日実施の見通し

台湾、マスクの配給枚数を調整  14日間10枚へ  来年元日実施の見通し
台湾、マスクの配給枚数を調整 14日間10枚へ 来年元日実施の見通し=資料写真
       
(台北中央社)台湾で実施されているマスクの配給制度が調整され、1人当たりの購入枚数が14日間10枚になる。新制度は来年元日から実施される見通し。衛生福利部(保健省)食品薬物管理署の呉秀梅(ごしゅうばい)署長が21日、明らかにした。

現行制度では14日間で大人に9枚、子どもに10枚のマスクが割り当てられているが、調整後は一律10枚となる。

この日メディアの電話取材に応じた呉氏は、国内における1日当たりのマスク生産量は3500万枚に達しているとした上で、原材料価格と生産コストが低下したため、価格も従来の1枚5台湾元(約18円)から4元(約15円)に引き下げると説明した。

(張茗喧/編集:塚越西穂)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月21日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。