台湾、兵役免除の条件を厳しく改定

台湾、兵役免除の条件を厳しく改定
イメージ=資料写真
       
(台北中央社)国防部(国防省)が、兵役免除の条件を改定する方針だ。これにより、兵役が免除される適齢期男子の身長が従来の157センチ以下から155センチ未満に、BMI(体格指数)の上限が31.5(中等度肥満)以上から35(高度肥満)以上に改められる見通し。

同部は25日までに、入隊前に行う身体測定の細則「体位区分標準」を改訂する旨を公告した。現行の兵役免除の条件は身長が196センチ以上あるいは157センチ以下、BMIは16.5(低体重)未満あるいは31.5以上となっている。BMIの適正範囲は18.5~25。

細則が前回改められたのは2018年8月。同部は、作戦形態が変化したため、公平を期して改定すると説明している。公告期間は来年1月22日まで。

(陳韻聿/編集:塚越西穂)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。