台中メトロ緑線、開業延期 故障の原因いまだ究明至らず/台湾

台中メトロ緑線、開業延期  故障の原因いまだ究明至らず/台湾
台中メトロ緑線の開業延期について、謝罪し頭を下げる盧秀燕市長(右2)
(台中中央社)一部車両で故障が判明し、試乗を一時停止している台中メトロ(MRT)グリーンラインは19日に予定されていた正式開業を延期する。盧秀燕(ろしゅうえん)台中市長が14日、記者会見で発表した。故障の原因がまだ完全に究明されていないためと説明し、謝罪した。

車両2両で連結器の軸が折れていたのが見つかった。全18編成36両のうち、半数が川崎重工業製で、残り半数は日本から技術移転を受けて台湾で組み立てられており、問題が見つかったのはいずれも川崎重工が製造した車両だった。施工を請け負ったのは台北市政府捷運工程局。

台中市政府交通局の葉昭甫・局長は、第三者に依頼して検査を行った結果、連結器の軸が強度において設計の基準を満たしていないことが分かったと説明。単発のケースではないとの見方を示し、調査を続けるとした。

台中市は、専門の委員会を立ち上げ、台北市政府捷運工程局や川崎重工と共に問題の解決に当たる方針で、委員会が許可した後に改めて開業の日程を決めるとしている。

(郝雪卿/編集:楊千慧)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「台中メトロ緑線、開業延期 故障の原因いまだ究明至らず/台湾」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    中共によるテロの予行演習かもしれない。警戒を。

    1
  • 匿名さん 通報

    プユマ号の件もあるからしっかりして欲しい。少ない輸出先なんだから。

    1
この記事にコメントする

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年12月14日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。