院内感染、新たに医師1人が陽性/台湾

院内感染、新たに医師1人が陽性/台湾
院内感染、新たに医師1人が陽性=資料写真
       
(台北中央社)中央感染症指揮センターは17日、新型コロナウイルスの院内感染が確認された北部の病院の関係者で新たな感染者が確認されたと明らかにした。同院に務める男性医師で、最初に感染が判明した医師と接触歴があった。

最初の感染者は12日に発表され、この医師は新型コロナ患者の治療に当たったことがあった。接触者を調べたところ、医師と同居している同院の看護師の感染が確認されたほか、16日夜には別の看護師も陽性と判定された。

一連の感染で同センターは関係者の検査を続けている。16日、院内の検査対象者は265人とされ、17日に新たに陽性と診断された男性医師を除く224人の陰性がこれまで確認された。残りは検査待ちだという。

このほか、インドネシア人の漁船乗組員3人の感染も発表された。台湾で確認された感染者は累計855人となった。

(陳偉婷、許秩維/編集:楊千慧)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月17日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。