新竹開催の台湾ランタン中止 病院関係の感染拡大で

新竹開催の台湾ランタン中止  病院関係の感染拡大で
新竹市で開催予定の台湾ランタンフェスティバルのメーンランタンのイメージ=豪華朗機工提供
       
(台北中央社)行政院(内閣)は19日、北部・新竹市で2月下旬から開催を予定していた台湾ランタンフェスティバル(台湾灯会)を中止すると発表した。同フェスの開催中止は1990年の開始以来初めて。同院の李孟諺秘書長は台北市の同院庁舎で開かれた記者会見で中止の理由について、桃園市の病院関係の新型コロナウイルス感染者が増加しているのに加え、今年の同フェスが街一帯を会場にしており、実名制などの措置の実施が難しいためだと説明した。

同フェスは交通部(交通省)観光局が毎年旧暦1月15日の元宵節に合わせて開いているイベントで、これまでに31回開催。各県市が代わる代わる主催都市を務め、新竹市は初めて開催地となる予定だった。開催期間は2月26日から3月7日までを予定していた。

桃園市の病院を巡っては、医師の院内感染をきっかけに感染が拡大。病院関係の感染者は19日までに計9人になった。中央感染症指揮センターは同日の記者会見で、大型イベントの中止や延期を強く助言していた。

(余祥/編集:名切千絵)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月19日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。