台湾・屏東、旭川市に医療物資寄贈 オンラインで記念式典

台湾・屏東、旭川市に医療物資寄贈  オンラインで記念式典
記念式典に臨む潘屏東県長(左)
       
(屏東中央社)南部・屏東県が北海道旭川市に医療物資を寄贈し、19日、オンラインで記念式典が行われた。旭川市の西川将人市長は謝意を伝え、新型コロナ収束後には訪台したい意向を示した。屏東県の潘孟安県長は支援を通じ、日本との友好がより深まればと語った。

支援物資は、医療用マスク6万5千枚、フェイスシールド4千個、アイシールド3千個、プラスチック手袋42万枚。市内の病院などに配布されるという。

潘県長によれば、昨年12月、台北駐日経済文化代表処札幌分処(領事館に相当)を通じて支援の要請があった。同市では大規模なクラスターが相次いで発生していた。

(郭芷瑄/編集:楊千慧)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月19日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。