ブリンケン米国務長官候補「台湾の国際参加に期待」 外交部が感謝

(ワシントン中央社)バイデン次期米大統領から国務長官に指名されたアントニー・ブリンケン氏が、台湾について、国際社会でより大きな役割を担うことに期待すると述べたのを受け、外交部(外務省)は20日、台湾支持の立場を表明したバイデン次期政権に「心からの感謝」を表明した。

米上院では19日、バイデン次期政権の閣僚人事承認に向けた公聴会が開かれた。ブリンケン氏は、台湾関係法にのっとって台湾の自己防衛力強化を支援する米国の姿勢を強調。台湾の国際参加については、構成員が国家と定められていない国際機関には参加すべきで、国家であることが条件となる機関でも、参加を可能にするその他の方法があるとの考えを示した。

一方、国防長官に指名されたロイド・オースティン氏は、中国に台湾侵攻の決定を下させないために力を尽くすと明言。台湾の自己防衛力強化が台湾海峡両岸と地域の安定に役立つとの考えを示すとともに、新しい概念を用いて地域における米国の威嚇力を高める構想があることも明らかにした。

(江今葉、徐薇婷/編集:塚越西穂)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク