国産装甲車「雲豹」、165キロを走行/台湾

(新竹中央社)陸軍第584旅聯合兵種営は19日、北部・新竹で空港を防衛する訓練を行った。訓練に参加した国産装甲車「雲豹」CM-34は中部・南投から165キロに及ぶ長距離を走行して新竹に到着。台湾で製造された装甲車としての性能を示した。

陸軍第6軍団指揮部によれば、雲豹が走行した沿道には多くの市民が集まった。新竹では小学生の搭乗体験も行われた。

CM-34は国防部(国防省)軍備局が開発・製造。米国製の30ミリ機関砲を搭載している。2019年に量産に入り、2023年までに約300両製造される見通し。

(游凱翔/編集:楊千慧)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「国産装甲車「雲豹」、165キロを走行/台湾」の みんなの反応 2
  • saitoutoshiyuki 通報

    ="外見形状からだけでも解かる事を言えば"米ストライカ-側物及び日陸式戦闘車両側からの発生物側で在り米側よりはやぼったく日側より快走では無い物=重い感物"だ". 名に"豹"を持つが.

    0
  • saitoutoshiyuki 通報

    質性は判らんが日物米物よりも標的にされ易い外見形状=重い感物だ. メルカバを既存念頭に入れなかったらしい結果物だ. 米ストライカ-日陸式戦闘車両側と並び連携が執れるだろうか?(=sprecは知らん)

    0
この記事にコメントする

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月20日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。