台東の元宵節行事「炸寒単」、今年は中止に 国内感染拡大で/台湾

台東の元宵節行事「炸寒単」、今年は中止に  国内感染拡大で/台湾
昨年2月8日に行われた「炸寒単」
(台東中央社)旧暦1月15日の元宵節に東部・台東県で開かれる恒例行事「炸寒単」が今年、中止されることになった。同行事を行う玄武堂が1990年に創建されて以来、中止は初めて。新型コロナウイルスの国内感染が拡大しているのを受け、中央感染症指揮センターが大型イベントの中止や延期を促していた。

「炸寒単」は、金運をつかさどる神様「寒単爺」に扮した生身の人間に向かって爆竹を投げつけるお祭り。この祭りが行われるのは台湾では台東のみとなっている。かつては厄払いや招福を目的としていたが、現在は観光の意味合いが強い伝統民俗行事となっている。

当初、玄武堂は予定通り実施する方針を示していたが、饒慶鈴台東県長が21日、玄武堂の責任者と話し合いをした結果、中止が決まった。

(盧太城/編集:名切千絵)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月21日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。