ガイアナ、台湾との協定を破棄 圧力掛けた中国を外交部が強く批判

(台北中央社)南米ガイアナが現地時間4日午後、先月11日に台湾と結んでいた代表機関の設置に関する協定を打ち切ったと発表した。

外交部(外務省)が台湾時間4日午前、ガイアナでの代表機構「台湾弁公室」(Taiwan Office)設置を明らかにしたばかり。同部は5日、「ガイアナが中国の圧力で24時間経たないうちに協定を一方的に破棄した」とした上で、「努力を重ねてもガイアナの決定を変えることができなかった」のに「深い遺憾」を表明した。

中国が国際社会で台湾を孤立させ続けていることについては、「弱い者いじめに反対」とする中国の指導者の発言と背離すると指摘。「中国政府は言っていることとやっていることが違う。これはその邪悪な本質をさらに際立たせ、両岸(台湾と中国)の人々の距離を遠くしてしまった」と強く批判した。

外交部によれば、ガイアナでの台湾弁公室は先月15日から初期段階での運営を始めていたという。

(陳韻聿/編集:羅友辰)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月5日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。