台湾、人口減少続く 今年1~3月で1万2700人減

(台北中央社)内政部(内務省)の最新の人口に関する統計がこのほど発表され、今年1~3月で人口の減少数が1万2709人となったことが分かった。台湾では昨年、出生数が死亡数を下回る自然減に初めて転じ、その傾向が今年に入ってからも続いた。

今年1月の出生数は9601人で、1カ月当たりの出生数が初めて1万人を割り込んだ。2月には1万1497人、3 月には1万3819人と1万人台を維持し、3カ月間の出生数は3万4917人となったが、1~3月の死亡数は4万7626 人に達し出生数を上回った。

昨年1~3月の出生数は4万414人で、今年はこれより5497人少なかった。

3月末時点の総人口は2352万5623人。

(編集:楊千慧)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年4月11日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。