新規国内感染335人、死者36人 新型コロナ/台湾

(台北中央社)中央感染症指揮センターは6日、新型コロナウイルスの国内感染者335人を新たに確認したと発表した。また、集計が間に合わなかった過去の追加分は8人で、感染による死者は36人と報告された。

追加分を含めた感染者計343人の居住地は、新北市が160人と最多。以下は多い順に苗栗県75人、台北市64人、桃園市16人、宜蘭県9人、雲林県3人、高雄市3人、彰化県3人、新竹県3人、基隆市2人、台中市2人、台南市2人、嘉義市1人。

苗栗県では外国人労働者を中心としたクラスターが発生しており、感染が急拡大している。これを受け、同センターは同県全ての外国人労働者に出勤停止、隔離を命じた。給与は全額支給されるという。

亡くなった36人は50~90代の男女。先月28日から今月4日にかけて死亡した。

台湾内で確認された感染者は累計1万1298人となり、死者は260人に達した。

(陳婕翎、江慧珺/編集:荘麗玲)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク