モデルナ製ワクチン第2陣が台湾に到着 24万回分

(桃園空港中央社)台湾が米モデルナから直接購入した新型コロナウイルスワクチンの第2陣、約24万回分が18日午後4時21分ごろ、桃園国際空港に到着した。ワクチンの有効期限は今年12月15日まで。冷蔵物流センターでの検査を経て、対象者への接種が行われる。

台湾は今年2月、モデルナとワクチン505万回分の供給契約を結んだ。先月28日には第1陣約15万回分が台湾に到着した。モデルナ製ワクチンは現在、第一線の医療従事者への接種に提供されている。

(葉臻/編集:名切千絵)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク