水不足緩和 政府、干ばつ対策から水害防止に方針転換/台湾

(台北中央社)干害中央災害対策センターの指揮官を務める王美花(おうびか)経済部長(経済相)は22日、梅雨で各地のダムの貯水量が増えたことを受け、干ばつ対策から水害防止に重点を切り替える方針を示した。台湾は歴史的な水不足に見舞われていたが、先月末から梅雨前線の影響で雨が降り注ぎ、一部では道路冠水などの被害が見られた。

同センターは22日、会議を招集。水不足の警戒信号について、桃園市、新竹県、新竹市、苗栗県を「黄」(減圧給水)、嘉義県、嘉義市、台南市を「緑」(やや不足)、彰化県南部、雲林県を「青」(正常)に切り替え、制限を緩和した。これで台湾全土22県市中、12県市が「青」となった。

各地でダムの水位が上昇したものの、中部の主要ダムは他地域より低水準にとどまり、台中市と彰化県北部は警戒信号が「オレンジ」(減量給水)のままとされた。水利署は、安定した給水ができるよう、降水量やダムの水位の変化に細心の注意を払う方針を示した。

(曽智怡/編集:楊千慧)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク