離島への便数、8月増便か 交通部が地方と協議へ/台湾

離島への便数、8月増便か  交通部が地方と協議へ/台湾
拡大する(全1枚)
(台北中央社)新型コロナウイルスの影響で減便となっていた台湾本島と離島を結ぶ国内便について、交通部(交通省)の祁文中常務次長は26日、民用航空局や地方自治体と協議し、8月の便数回復を検討する姿勢を示した。

感染拡大で5月に警戒レベルが「第3級」に引き上げられて以降、国内便は8~9割削減。感染状況の落ち着きを受け、警戒レベルは27日、「第2級」に緩和されるが、同部がこれに先駆けて公表した新たな措置に国内便に関するものは含まれていなかった。離島便の需要は回復しており、仕事や医療での移動が必要な一部の市民からはチケットが取れないと不満の声が上がっている。

祁氏は、市民の需要は把握しているとしつつ、感染拡大防止のため慎重に対応する必要があると説明。地方自治体は大量の旅行客が押し寄せることを警戒しているとし、便数回復については地方の意見を尊重する姿勢を示した。

(汪淑芬/編集:楊千慧)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク