台湾、警戒レベル「第2級」を継続 大型展示イベントを条件付きで解禁へ

台湾、警戒レベル「第2級」を継続  大型展示イベントを条件付きで解禁へ
拡大する(全1枚)
(台北中央社)中央感染症指揮センターは19日、新型コロナウイルスの感染状況における警戒レベルについて、現行の「第2級」を来月4日まで維持すると発表した。現行の制限措置を継続するものの、大型の会議や展示イベントについては21日以降、条件付きで開催を認める。

第2級下では、飲食時を除き、外出時にはマスクを常時着用▽実聯(連絡先登録)制の実施、社会的距離の確保▽営業場所や公共の場での人数制限▽集会の人数制限(屋内80人、屋外300人を上限とする)などの措置に従うことが求められる。ダンスホールやバー、カラオケ(KTV)、ゲームセンターなどは引き続き休業となる。

大型の会議や展示イベントを開催するには、会場の従業員の6割以上が1回以上のワクチン接種を済ませるなどの条件を満たす必要がある。

第2級の維持について、指揮センターの陳時中(ちんじちゅう)指揮官は19日の記者会見で、国内の感染状況は落ち着いているものの、依然として感染源不明の感染者が散発的に発生しているためだと説明。現在休業対象としている場所の営業再開に関しては、今週協議を行い、一部制限を緩和する方針を示した。

(陳婕翎、江慧珺/編集:名切千絵)

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク