ワクチン希釈せず25人に接種 病院が謝罪 経過観察へ/台湾

(新北、台北中央社)新北市の恩主公病院は28日、新型コロナウイルスワクチンを希釈せずに25人に接種したとして謝罪した。中央感染症指揮センターは25人について、少なくとも1週間は経過観察を続ける方針を示した。

接種されたのは独ビオンテックが米製薬大手ファイザーと共同開発したワクチン。新品だったが、ふたが取れており、希釈済みのものと間違えたという。

20人がすでに同院に戻って検査を受け、異常は確認されなかった。残り5人とも連絡が取れ、体調に変化はないという。呉志雄院長によれば、25人のうち5人が18~20歳、残り20人は40歳以上で、最高齢は65歳。同ワクチンを過剰に接種した場合、若者へのリスクが比較的高いという。18~20歳の3人を含めた9人が入院での経過観察に同意した。入院できない人には通院を求める他、毎日電話で健康状態を確認する。

呉氏は、海外でも原液のまま注射してしまったケースが報告されていることに言及。メーカーは重大な健康被害がなければ、2回目の接種をするよう提言しているとした。また、指揮センターの荘人祥・報道官は、英国や米国の資料では、深刻な健康被害があったケースは見られないと話した。

(陳婕翎、江慧珺、王鴻國/編集:楊千慧)

あわせて読みたい

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク