(台北中央社)英国の大学評価機関クアクアレリ・シモンズ(QS)が2日に発表した2022年版のアジア大学ランキングで、台湾大学(台北市)は昨年と同位の19位に入り、台湾最高位となった。

1位は4年連続でシンガポール国立大学。2位は北京大学で、3位は香港大学とシンガポールの南洋理工大学。日本最高位の東京大学は11位。上位20位の大学のうち、9校が香港を含む中国、5校が韓国にある。

ランキングに掲載された687校のうち、台湾の大学は台湾大を含めて46校。

上位50校に入った台湾の大学は、台湾大のほか、清華大学(34位、新竹市)、成功大学(41位、台南市)、陽明交通大学(47位、新竹市)、台湾科技大学(50位、台北市)だった。

(編集:齊藤啓介)