台湾で標高最高のクリスマスツリーがお目見え 梨山と谷関で光のイベント

(台中中央社)中部・台中市の梨山風景区で7日から「山谷ライトフェスティバル」(灯光節)が初開催される。標高1956メートルの梨山賓館前にあるヒマラヤスギ2本にイルミネーションを施し、「台湾で最も標高の高いクリスマスツリー」とするほか、温泉地の谷関には赤い光の海が登場し、冬の夜を幻想的に彩る。

交通部(交通省)観光局参山国家風景区管理処が主催。梨山賓館前のヒマラヤスギは高さ28メートル。梨山名産のモモやナシ、リンゴをイメージした金色の光をまとわせ、ロマンチックな雰囲気を演出する。期間中、毎日午後4時半から30分おきに光のショーが上演される。

谷関温泉公園には赤いバラの形状のLED電球を万単位で配置。光の海の中央にはカボチャの馬車を置き、メルヘンチックな空間に仕上げた。

ライトアップは梨山ツーリストセンターや梨山の展望台、谷関ツーリストセンター、谷関吊橋周辺などでも行われる。来年1月2日まで。

(趙麗妍/編集:名切千絵)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

フォーカス台湾の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク