(台北中央社)安倍晋三元首相は14日、台北市内で開かれた国際フォーラムで、事前録画したビデオで講演した。台湾、米国、日本には民主主義に対する確信を失ってはならないという共通の課題があるとし、その点で台湾がリーダーとしての役割を担うことに期待する考えを示した。

台湾、米国、日本のシンクタンクによる国際フォーラム。安倍氏は講演冒頭、台湾の民主主義の発展に触れ、台湾は民主主義をけん引する「リーダーにふさわしい」とした。

また、台湾や台湾の民主主義が脅威にさらされることは日本にとっても「深刻なチャレンジ」になると指摘。台米日が安全保障におけるあらゆる面で知識や技術を共有できる新たな方法を考えてみてはと提言した。

中国にも言及した安倍氏。「中国のような巨大な経済体が軍事における冒険を追い求める場合、控えめに言っても自殺的」とし、中国に領土拡張や隣国への挑発をやめるよう求めるべきと訴えた。

民主主義や自由などの価値観を持つ国々が集結しつつあるとし、環太平洋経済連携協定(TPP)や世界保健機関(WHO)などへの台湾の参加を支持する立場も改めて表明した。

(鍾佑貞/編集:楊千慧)