台風22号、台湾に接近へ 北上後、勢力弱まる 21日は各地で雨
拡大する(全1枚)
写真=中央気象局提供
(台北中央社)中央気象局によれば、中度台風(台湾基準)台風22号が台湾に接近する。南シナ海で北に進路を変えて進んでおり、北上後、勢力は徐々に弱まる。台湾へは周囲の雲や湿った空気が20日から22日にかけて影響するとみられる。

気象局によると、台風22号は19日午後2時現在、台湾最南端ガランピ(鵝鑾鼻)の南西約1400キロの海上にあって、時速21キロの速度で北から北北東に進んでいる。中心気圧は940ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は45メートル。

21日は雨が最も顕著になり、各地で一時雨となる他、一部では大雨となる恐れもある。22日、各地で雨脚は弱まる見通しで、北部や北東部のみで一時雨となる。

(編集:楊千慧)