(台北中央社)蔡英文(さいえいぶん)総統は2日、バイデン米大統領から派遣された超党派の代表団と総統府で会談し、ロシアから武力侵攻を受けるウクライナを固く支持する姿勢を改めて表明した。

蔡総統と会談したのは米軍元制服組トップのマイケル・マレン元統合参謀本部議長率いる一行。国防や国家安全保障を担当した元高官で構成された。

蔡氏はあいさつで、「侵略行為を傍観し、野放しにすることは、自身に対するより多くの脅威を生むだけだと歴史が教えてくれている」とし、「今は世界の民主主義国家が団結する時だ。台湾も不在にはできない」と述べた。

マレン氏は、代表団の今回の訪問は「台湾との強力なパートナー関係に対する米超党派の支持を反映している」とした上で、「台湾海峡の平和と安定の維持は米国の利益だけでなく、世界の利益にも合致する」と言及。「これが一方的に現状を変更するいかなる行為にも米国が反対し続けている理由であり、米国は台湾の人々の願いと最善の利益に合致する方法で両岸(台湾と中国)問題が平和的に解決されることを引き続き支持していく」と述べた。

また、今回の会談を通じ、米国が約束を固く守ることを蔡総統と台湾の人々に再度保証するとともに、地域の盟友とパートナーにこのメッセージを伝えると強調した。

(葉素萍、温貴香/編集:名切千絵)