日本一動物に優しい「ハズトレ」動物園が福岡にあった!

■「高齢化動物園」が介護も寝たきりも隠さない姿勢でV字回復

 動物園で暮らしてもらう以上、動物には幸せかつ健康でいてほしいもの。近年は動物福祉の考え方から『環境エンリッチメント』『ハズバンダリートレーニング』といった手法が日本の動物園にも広まってきた。



日本一動物に優しい「ハズトレ」動物園が福岡にあった!
飼育員2人と獣医の3人でライオンのハズトレを実演 撮影=久我秀樹

 環境エンリッチメントとは、限られた空間でも幸せに暮らしてもらうため、生活環境を豊かにすること。ハズバンダリートレーニング(=ハズトレ)は健康管理などを行うためのトレーニング。検査や治療をしやすいように協力してもらう動作を教え込む。例えば、採血する際に静止させるのはその動物の健康のためだが、動物自身は理解できず苦痛なだけ。それをトレーニングで“平気なこと”に変えてあげるのだ。



 これらの手法を組織的に取り入れ有名になった大牟田市動物園を訪ねた。4年前からハズトレを始め、その様子を客の前で実演することで、10数万人台だったた入園者数が’15年は21万4135人、’16年は25万1658人と着実に伸びている。



「獣舎は昔ながらの檻やコンクリートで一部老朽化も進んでいますが、すぐにはリニューアルできない。だから今ある環境で、できるだけ動物が幸せに過ごせる工夫をしています」



 と広報の今村友維子さん。



 コンクリートの床に砂を敷いて手足のケアをしつつ、砂にエサを隠して採食時間を長くすることで退屈な時間を減らす、といった工夫をしている。スタッフは定期的に砂を替えなければならず、作業は増えるが、ここでは動物が優先だ。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュース

次に読みたい関連記事「睡眠」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュース

次に読みたい関連記事「アンチエイジング」のニュースをもっと見る

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月16日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。