“なりませぬ”でブレイクした峯村リエ、新たな『姑 (ヒール) 女優』が演じたい役とは

■母の影響で女優に。映像は憧れの世界

 最近は、映像での活躍が目立つが、原点は舞台女優。芝居好きの母親の影響を受けた。



「小さいころから新劇や小劇団の芝居を見に連れていかれてました。『はなれ瞽女(ごぜ)おりん』を見たときには、小学校1年生ぐらいだったので、意味がわからず、男性の局部を切るシーンに、“なんで?”と大きな声で聞いたら、ものすごく怒られたことを覚えています(笑)」



 高校卒業後、俳優養成所『五月舎』の演出部に入所した。



「養成所に入るときは、(役者として)前に出ることはまったく考えていなかったので、演出部に入りました。ただ、演出部も俳優志望の人と同じ授業を受けないといけなかったので、発声法やリズム感といった勉強をしました」



 その後、養成所の俳優部にいた、犬山イヌコがケラリーノ・サンドロヴィッチと劇団を立ち上げる際に、役者として参加を誘われ、劇団女優として歩むことになった。



 初舞台で、観客の盛り上がりや拍手が快感となり、舞台の楽しさにハマったという。



 その一方で、こんな思いも抱いていた。



「いつかはちゃんと働くんだろうな、と思っていたんです。ある日、事務員の求人広告を見たら、28歳以下とか、30歳以下の年齢制限を自分が超えちゃっていたんです。そこから、役者に本腰を入れようと思い直しました」



 劇団の活動と並行しながら、20代から堤幸彦監督作品に出演するなど、映像の仕事もしていた。



「映像は、憧れの世界で、小劇場の人間が、足を踏み入れてはいけないと思っていました。それが、“大河”や“民王”をやってから、意識が変わり、演じることはみんな一緒だと思えるようになりました。


当時の記事を読む

峯村リエのプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「峯村リエ」に関する記事

「峯村リエ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「峯村リエ」の記事

次に読みたい「峯村リエ」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月5日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 峯村リエ twitter

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。