<戦争と母親>4人の証言:あの夏、お母さんはわが子を抱きしめて

 母親は家族を守ることに命懸けだった。1945年、日本が戦争に負けてから72年がたつ。戦中、戦後の母親の姿を子どもたちは忘れられない。あの日は遠い昔ではない。



■「子どもの命を助けて!」大阪空襲で聞いた声が耳にこびりついています

<戦争と母親>4人の証言:あの夏、お母さんはわが子を抱きしめて
稲垣さんは昨年末まで助産師として子どもをとりあげていた

 昨年いっぱいで分娩から身を引いた、兵庫県伊丹市の元助産師、稲垣よしゑさん(96)。これまでに1万人以上の子どもをとりあげ、70年以上にわたり、新しい命と向き合い続けてきた。



 原点は幼少期に兄と両親を相次いで亡くしたことにある。



「兄と父が亡くなったあと、看病がたたったのでしょう。母は1年ほど寝たきりでしたが、回復することなく亡くなりました。私は末っ子で、いつも母に甘えていたからショックでしたし、何もできないことが悔しかった……」



 よしゑさんは10歳だった。



 助産師の叔母によくいわれたことは、「あんたは両親がいないんだから早くひとり立ちして、生きていく術を身につけなきゃダメ」ということ。



 その言に従い、資格を取り戦時中から、よしゑさんは助産師・看護師として働いた。



 そこで戦争に踏みつけられた多くの命を目の当たりにした。特に瀕死の子どもを助けようとしていた母親の顔、声が今も忘れられず「夢に見ることがあります」とポツリ。あれは1945年6月7日の朝でした、と記憶をひも解く。



「あの日は、朝から空襲警報が鳴っており、大阪市内の各地が爆撃されていました」


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2017年8月12日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。