薬丸裕英の次男がオーストラリアでセミプロのサッカー選手になっていた

薬丸裕英の次男がオーストラリアでセミプロのサッカー選手になっていた
拡大する(全1枚)
薬丸裕英

「10代でヨーロッパに渡り、サッカーの武者修行を続けていましたが、ついに7月にセミプロのチームに移籍しました」(サッカーライター)



 5人きょうだいという子だくさんの薬丸裕英。彼の次男・隼人は、現在24歳だ。



「隼人さんは、中学卒業後に語学留学とサッカー修業のためにスペインに渡り、『サバデル』というチームのユース(高校生年代のチーム)でプレーしました」(前出・サッカーライター)



 その後、隼人はスペインからイングランドへ、さらにサッカー留学。ここ数年は、ドイツでいくつかのチームを渡り歩いていた。



「ドイツでは、長谷部誠選手がプレーする1部リーグから5つ下のカテゴリーである6部リーグ相当のチームでプレーしていました。このリーグは、給料は出ますが、基本的には別の仕事を持ちながらプレーする選手がメインです」(前出・サッカーライター)



 少ない給料のなか、ヨーロッパ各国でプレーする次男を、薬丸は常に気にかけ、バックアップしてきた。



「薬丸さんは、隼人さんに自身のブログでヨーロッパでの生活について記事を書かせたり、またLINEなどでしょっちゅう連絡をとっているようです。10代のころは給料もありませんから、金銭的な援助もそうとうなものだったでしょう」(芸能プロ関係者)



 夢を追いかける息子への父の応援もあってか、このたび隼人が移籍したのはオーストラリアのセミプロチーム。



「隼人さんが移籍したのは、『ウーロンゴン・オリンピック』というチーム。かつて“キングカズ”こと三浦知良選手がプレーしたトップリーグのチームではなく、下部リーグに属するチームですが、金銭的な待遇は悪くない。


当時の記事を読む

薬丸裕英のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「薬丸裕英」に関する記事

「薬丸裕英」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「薬丸裕英」の記事

次に読みたい「薬丸裕英」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月22日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。