「世界一危ない都市」東京は“水害”にも弱かった! 迫り来る水没のXデー

 東京での災害は“地震”だけだと思っていませんか? しかし、地形上弱点だらけの東京では、“水害”もまた起こりやすいのだといいます。迫り来る水没のXデーには、いったいどのような被害が予想されるのか、専門家に伺いました。



「世界一危ない都市」東京は“水害”にも弱かった! 迫り来る水没のXデー
荒川下流の周辺には海抜ゼロメートル地帯が広がる■予想被害額は利根川の氾濫で34兆円、荒川の氾濫で33兆円

「東京は間違いなく、世界一、危ない都市です」



 こう断言するのは、東京都建設局の元職員で洪水対策に詳しい土屋信行さんだ。



「東京は地震リスクがあるうえに、水害に弱い。たまたま70年近く大きな水害に遭っていないだけです」



 災害研究の第一人者である河田惠昭教授も、首都の水害に対するもろさを危惧するひとりだ。



「東京都心が広範囲に水没すると、1000人単位の死者が出ることは確実です。水没の原因としては、利根川と荒川の氾濫、東京湾に来襲する高潮と津波が考えられます。わが国の巨大災害の四天王は歴史的に地震、津波、高潮、洪水ですが、東京23区を中心とした地域はこの4点がセットでそろっている。横浜や名古屋、大阪なども該当しますが、東京の被害規模は抜きん出ています。世界の都市と比較しても、断トツのトップです」



 内閣府・中央防災会議の想定(’10年)では、利根川が氾濫した場合、死者数は約6300人と予測されている。



「さらに江戸川、荒川の堤防も決壊した場合は、住まいは水没し、3日以上も浸水することになり、避難者は約421万人にのぼると予想されています。予想被害額は利根川の氾濫で34兆円、荒川の氾濫で33兆円です」(土屋さん)


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2017年9月2日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。