うどん屋さんなどの異業種が運営している鉄道

 外食は、不振店舗を退店させる事業であり、ましてグルメ杵屋は上場企業である。赤字の水間鉄道を維持するのは簡単ではないはずだ。



 グルメ杵屋が水間鉄道を子会社にしたのは、平成18年のことである。水間鉄道は、バブル期の投資の影響もあって、事実上の倒産となった。その後、会社更生法を申請し、グルメ杵屋の支援で経営再建を果たしたというわけだ。バブルの崩壊は、「うどん屋さんが経営する鉄道」という珍事を生んだことになる。



 そんなことを噛みしめつつ「そじ坊」や「杵屋」で食事をしたら、ぶらり散策で水間鉄道に乗るといい。水間鉄道も妙に味わい深く感じられるだろう。



 不思議な鉄道会社は他にもある。



 高速バスを運行するWILLERグループは、2015年から、旧北近畿タンゴ鉄道の鉄道運行を担っている。第三セクターの北近畿タンゴ鉄道は、上下分離されて、“下”は第三セクターのままだが、“上”の鉄道運行は公募することになった。そこに異業種のWILLERグループが参入したのである。こうして、北近畿タンゴ鉄道は京都丹後鉄道に変わった。



 この鉄道は地元の足であると同時に、天橋立への観光にも利用され、観光列車も運行している。



 WILLERが高速バスで急成長したのは、インターネットによるマーケティングが大きい。それが、WILLERが公募で選ばれた理由の一つだったようだ。観光を担う鉄道であるが故に、マーケティングは不可欠である。



■リゾートホテルもローカル鉄道を運営!?

あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月15日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。