ホールスタッフは全員、認知症――海外からも注目の「注文をまちがえる料理店」

「体力や気持ちの面を考慮する福祉の専門家からの視点と、効率よくオペレーションするために必要なアイデアを出す飲食の専門家からの視点は違うので、十分な議論が必要でした」



 レストランとしてもきちんと機能させ、ロゴや内装などのデザインにもこだわって、認知症当事者とお客さん双方が楽しめる環境づくりを目指した。プレオープンのアンケートでは、「また来店したい」と、回答した人が90%という数字が物語るように、ただ単に認知症を抱える人たちを働かせる料理店というスタンスに帰結していないことも、支持を集めている理由だろう。



 2日間、ホールスタッフとして活躍した都内のグループホームに入居する70代女性の山田さん(仮名)は、「間違えても、みんなでサポートしてくれるので楽しい。お客さんの笑顔を見ると、やる気が湧いてくるの(笑)。自分ひとりでは何もできないってわかっているから、おかしな話だけど認知症当事者同士のコミュニケーションも抜群。私はもともと接客業をしていたから、こういう機会があるとやりがいを覚えるわ」と、穏やかな笑顔の中にも充実した表情をのぞかせる。



 山田さんのように、前回に引き続きホールスタッフを担当した方も多く、「また機会があるならやってみたい」と、早くも次回の開催を心待ちにしている参加者もいるほど。



 6月のプレオープンでは60%ほどあった“間違え”が、今回は25%ほどに減っている。



 認知症を抱える人であってもサポートをすればきちんとサーブ(給仕)ができることを実証した結果であると同時に、やりがいを感じることが当事者のモチベーションアップにつながることを示した好例ともいえる。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク