小説家・平野啓一郎「基本となる信頼が安倍政権では損なわれた」

 衆院選を前に「政治とニッポンの行方」について緊急インタビュー。小説家・平野啓一郎さん(42)が考える衆院選の争点、そして政治において本当に大切なこととは?



小説家・平野啓一郎「基本となる信頼が安倍政権では損なわれた」
小説家 平野啓一郎さん■政治もパートナーも、選ぶときに大事なのは「まともな疑り深さ」

 今回の選挙は政治の「まともさ」をめぐる闘いだと思うんです。安倍政権で麻痺してしまいましたが「おかしいのではないか」という“まともな疑り深さ”が重要。例えば、どういう相手がパートナーとして信頼できるかという皮膚感覚はけっこう大事で、ごまかしたり、力づくで押し通したりする人は嫌だ、というのは政治にも言えると思う。



 政治への信頼をどう回復していくかは大きな問題です。信頼について、ドイツの社会学者ニコラス・ルーマンは、“コスト”の問題だと言っています。「嘘かもしれないし本当かもしれない」「半分は嘘かもしれない」という無限の選択肢があると、コミュニケーションのコストは高くなるし、未来は無限に複雑になっていく。その複雑さを減らすために「この人の約束は守られる」という信頼に価値を置く。すると安定的に働くことができるし、コミュニケーションに無駄な時間を割く必要がない。安倍首相が、森友・加計学園問題にきちんと答えれば、あれほど国会の時間を無駄にすることはなかったんです。基本となる信頼が安倍政権では損なわれてしまった。



 大きな流れでみると、小泉政権のころから富めるものは富み、貧しい人はさらに苦しくなるという新自由主義に立った政治が行われ、格差が深刻になりました。そして今は福祉政策を強化して、多くの人が安定的な生活を営める政治が求められている。それは安倍政治の「反対」に当たると思います。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2017年10月21日の社会記事
「小説家・平野啓一郎「基本となる信頼が安倍政権では損なわれた」」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    この人いい。小説を書くのが仕事であり、才能だろうけど、日常的に色々発信して欲しい。先の戦争で辛い体験した親が、この人のインタビュー読んで、励まされたみたい。右や左の話じゃないんだよね。

    3
  • 匿名さん 通報

    平野啓一郎、、、お前の頭のレベルで政治を語らない方がいい。恥をかくぞ。

    1
  • 匿名さん 通報

    雑多の許容はいい。このなにげない普通のまともさ、社会が複雑化するほど何故か失われ国家も企業も人も老獪で姑息になる、まさに今の政治がドハマリだ。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。