“ヒアリパニック” から半年「もういないでしょ」はヒアリの思うつぼ、脅威は続く

“ヒアリパニック” から半年「もういないでしょ」はヒアリの思うつぼ、脅威は続く
拡大したヒアリ(環境省提供)

 南米原産の強毒アリ「ヒアリ」が6月、日本に初上陸した。刺されるとその毒で激しく痛み、患部が腫れる。人によってはアナフィラキシーショックで死ぬこともある。



 発見当初は連日、ワイドショーなどで報じられ、日本列島が、“ヒアリパニック”の様相を呈した。日本の冬を越せないという専門家の指摘もあったが、11月になっても広島県呉市などの積荷コンテナ内でヒアリが確認されている。



 現状について、環境省の担当者は「侵入初期」と、とらえている。



「調査は主に2種類で、1つがアメリカ、中国などヒアリが確認されている港との航路がある全国68か所でのモニタリング調査、もう1つはヒアリが見つかった26か所と周辺を調査しました。アリ塚などは見つからず、定着はしていないと考えられます」



 と認識を示し、そのうえで、



「絶対に(定着を)防いでいきたいと思っています」



 と意気込む。



 しかし、寒くなるにつれ市民の関心も薄れぎみ。神奈川県横浜市のヒアリ発見場所近くの公園を利用する女性は、



「発見されたときは怖いと思ったけど、今はあんまりですね」と冷ややか。同市の本牧埠頭で働く男性は「調査して出てこなかったんだからもういないでしょ」と楽観視する。



「それこそヒアリの思うつぼ」と警鐘を鳴らすのは、その生態に詳しい沖縄科学技術大学院大学の吉村正志教授だ。



「発見された範囲のヒアリは駆逐し、周辺の調査はしたので現状は安全だとはいえますが危険という意味では変わっていません。肝心なのはこれから。引き続き監視が必要」


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2017年12月21日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。