デマ拡散の法則性「重要さ、曖昧さ、もっともらしさが左右する」

 法言語学者で明治大学教授の堀田秀吾教授による「科学的に元気になる方法」。今回のテーマは、現代の情報化社会では避けて通れない、コワ~い「デマの拡散」についてです!



【今週のエビデンス】



「デマが拡散される流布量は、重要さ、曖昧さ、そして信用度(もっともらしさ)が左右する」



(アメリカの心理学者 G・W・オルポートの研究)



デマ拡散の法則性「重要さ、曖昧さ、もっともらしさが左右する」
※写真はイメージです

助手:2000年以上も昔に書かれた『死海文書』によれば、1948年のイスラエル建国から70年後の’18年に人類破滅の大戦争が勃発すると予言されて……。



堀田:おいおいおい! どうした急に!?



助手:オカルト界ではノストラダムスの大予言くらい有名な予言ですよ。何か?



堀田:「何か?」じゃないよ。その予言を信じているの?



助手:鵜呑(うの)みにはしていませんけど……実際に北朝鮮との緊迫した状況や、中東情勢を見ているとリアリティーがあるじゃないですか。



堀田:う~ん、変にそういった話題を持ち上げると、あっという間に流布していくから慎重に扱ってね。『デマの心理学』の著者でもあるアメリカの心理学者G・W・オルポートは、“流言の流布量=内容の重要性×内容の曖昧さ”というように流言の基本法則を定式化しているんだ。



助手:ふむふむ。重要であると同時に、曖昧であればあるほど人って落ち着かないというか、情報にとらわれてしまいますよね。なんか納得。



堀田:重要さ、曖昧さ、そして信用度(もっともらしさ)がウワサの伝達を促進すると、研究の結果、明らかになっている。1973年に起きた「倒産する」というウワサから取り付け騒ぎが発生し、短期間に約20億円もの預貯金が引き出された豊川信用金庫事件は最たる例。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2018年2月6日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら