水野晴郎さんの愛弟子“ぼんちゃん”、映画批評家大賞を利用した詐欺行為に及んでいた

水野晴郎さんの愛弟子“ぼんちゃん”、映画批評家大賞を利用した詐欺行為に及んでいた
映画祭で親子のように寄り添う、水野氏(左)と西田(右)

「今、映画業界では“あいつ”がいつ逮捕されるかという話題で持ち切りですよ。逃げ回っているからか、誰も連絡がつかないんです」



 ある映画関係者が話す“あいつ”とは、映画評論家の“ぼんちゃん”こと西田和昭のこと。そう言われてもピンとこない方は映画評論家・水野晴郎さん(享年76)の愛弟子と言えば、覚えている人も少しはいるだろうか……。



「西田は『ぼん&正月』というコンビで芸人デビューするも、映画好きだったため水野氏のもとへ。彼の片腕として取材に同行したり、一緒にテレビや映画に出演したりしていました」(スポーツ紙記者)



 だが、'08年に水野さんが亡くなると、西田はテレビなどへの露出も激減。'15年には、水野さんが監督していた映画『シベリア超特急』シリーズの続編製作を記者発表するも、いまだ実現していない。



「お金に窮した西田は、私の知人であるA社長をだまし150万円を詐取したのです」



 そう怒りをあらわに話すのは、被害者であるA氏の友人だ。



「西田はAさんに対し、“自分が権利を有する映画200本を映像配給会社Xに譲渡すると、1400万円が支払われる。しかし、古い映画のため補修などに300万円かかるが、その費用がないので融資してくれないか”と話したんです」(A氏の友人、以下同)



 西田はA氏を信用させるため、ある契約書を見せるのだが……。



「西田とX社が結んだ《業務委託基本契約書》を持参したんです。しかし、“守秘義務がある”と、1枚目と最終ページの西田とX社の社長が捺印した部分だけ見せたんです」


当時の記事を読む

水野晴郎のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「水野晴郎さんの愛弟子“ぼんちゃん”、映画批評家大賞を利用した詐欺行為に及んでいた」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    ”映画200本を譲渡”なんて小室氏の使う古典的な手だな。小室氏は相手が素人でだませると思ったらバックにバーいて捕まったんだろ。

    0
  • 匿名さん 通報

    「シベ超」がサイキック青年団やアシッド映画館にてよく別の事柄も含めて話題になってました、名前の由来は「ぼん&正月」

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「水野晴郎」に関する記事

「水野晴郎」に関する記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年2月9日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。