母親が娘の首をネクタイで絞殺、絶えない親子ゲンカの悲しい結末

母親が娘の首をネクタイで絞殺、絶えない親子ゲンカの悲しい結末
事件現場となった清水容疑者宅のベランダ。現在は夫のものと思われる洗濯物だけが干されていた

「私が駆けつけたときは、(娘の)萌さんを、救急隊が心臓マッサージをしながら救急車で搬送するところでした。



 ショートカットの年配の女性がパトカーに乗せられて、泣いていました。後からニュースで事件のことを知ったときに、その人がお母さんだったんだとわかりました」



■とにかく地味

 と、近所の住民が目撃した事件直後の様子を明かす。2時間後、救急搬送先の病院で、無職・清水萌さん(21)の死亡が確認された。



 事件発生は、2月10日午後2時ごろ。



「母親が、110番通報ではなく報道機関に電話をかけて“子どもを手にかけた”と伝え、ただ事じゃないと思ったその報道機関が110番通報し、発覚しました」



 と民放報道局員。



 殺人未遂罪で現行犯逮捕されたのは、無職・清水悦子容疑者(63)。萌さんの母親だ。



 夫婦と娘の3人で暮らしていた団地の一室で、母親はネクタイを使い、娘の首を絞めて殺そうとした。取り調べに対して清水容疑者は、殺意を認めているという。



 事件現場は、JR中央線立川駅からバスで約20分の東京都住宅供給公社の住宅。全30棟895戸の、いわゆる“マンモス団地”である。高齢化が進み、ひとり暮らしの住人も多い。



 70代の女性は、言い切った。



「扉を閉めちゃえば、隣の様子なんてわからないから、うちだって、隣にどんな人が住んでいるのかなんてわからないよ」

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2018年2月22日の社会記事
「母親が娘の首をネクタイで絞殺、絶えない親子ゲンカの悲しい結末」の みんなの反応 34
  • 匿名さん 通報

    「娘の首をネクタイで絞殺」....「馬から落ちて落馬」のような文章ですね。 会話部分の句読点の打ち方を再考したり、行間の無意味な空白を改めると一歩プロに近づけるでしょう。

    15
  • 匿名さん 通報

    勝手にパコって勝手に孕み、勝手に産み落として勝手に希望を抱きながらその通りに育てようとする。で、期待通りに育たなかったら勝手に悲観して殺す。それが親という名の人殺し。同情は出来ないな。

    11
  • 匿名さん 通報

    一歩プロに近づけるでしょう。>ナニを偉そうに、馬鹿なのはオマエだよ。

    9
  • 匿名さん 通報

    どっかの大学だかなんかの第三者が、知った様な事をのたまわってるのが腹立たしい。

    7
  • 匿名さん 通報

    無職

    6
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。