大杉漣さん「300の顔を持つ男」の基礎をつくった成人映画での役者経験

大杉漣さん「300の顔を持つ男」の基礎をつくった成人映画での役者経験
大杉漣さん

 突然の訃報を受けて、芸能界は悲しみに包まれている。



 21日、大杉漣さんが急死した。享年66。現在放送中のドラマに出演中であったし、決まっていた仕事も多く、その影響は計り知れない。



 70年代から80年代にかけて、一大ブームとなった和製ポルノ映画。大手の映画会社も製作に乗り出し、とりわけ“日活ロマンポルノ”は社会現象にもなった。



 ロマンポルノができる前からあった、R18の成人映画は“ピンク映画”と呼ばれていて、街はずれの小さな映画館でひっそりと上映されていた。



「それらの映画は、どちらかというと“日陰者”のような存在でしたが、そこから高橋伴明、周防正行、滝田洋二郎、井筒和幸などの名監督や、演技派と呼ばれる名優たちが数多く世に出ています。



 石橋蓮司、田山涼成柄本明、寺田農もそうですし、亡くなった地井武男さんや阿藤快さんもそうでした」(映画ライター)



 大杉さんもそんな一人だったことはあまり知られていない。



「ポルノ映画は人間の根幹ともいえる“性愛”を描いています。そこにあるむき出しの人間像を演じることで、演技力が培われ役者としての幅が広がるのだと思いますね」(前出・映画ライター)



 大杉さんが“300の顔を持つ男”と呼ばれ、社会に存在するあらゆる人間を演じることができたのは、そこで鍛えられたからだったのだろう。



 そして、彼らに共通して言えるのは、遅咲きだということ。



「大杉さんが役者として注目を浴びるようになったのは、みなさんご存知のように北野武監督の『ソナチネ』です。このとき、オーディションに遅刻したにもかかわらず、合格した話は有名です。42歳のときでした」(芸能プロ関係者)


あわせて読みたい

大杉漣のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「大杉漣 + 死去」のおすすめ記事

「大杉漣 + 死去」のおすすめ記事をもっと見る

「大杉漣 + ブログ」のおすすめ記事

「大杉漣 + ブログ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「佐藤二朗」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤二朗」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年2月23日の芸能総合記事

キーワード一覧

  1. 大杉漣 ドラマ
  2. 大杉漣 ブログ
  3. 大杉漣 出演作

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。