丸岡いずみ、うつ病体験をさらけだす「うつ病の意外な兆候にも気づいてほしい」

丸岡いずみ、うつ病体験をさらけだす「うつ病の意外な兆候にも気づいてほしい」
丸岡いずみさん 撮影/坂本利幸

 丸岡いずみさんが自らのうつ病体験を役立てたい! と執筆した『休むことも生きること 頑張る人ほど気をつけたい12の『うつフラグ』』(幻冬舎)が話題だ。



 キャスターとして忙しい日々を送りながらも、周りのスタッフからは「タフで病気知らず」として知られていた丸岡さん。2011年の東日本大震災の取材後、湿疹が出る、眠れない、下痢が続くといった症状が出ても、「ちょっと疲れているだけだろう」と考え、相変わらず仕事に邁進(まいしん)する毎日を続けていた。



■心の病ではなく、うつは脳の病気

「私は落ち込むといった精神症状はまったくなく、身体にいろんな症状が出るタイプだったので、まさか自分がうつ病だとは思いもよりませんでした。うつ病は身体に現れることもあるんです。また、うつ病は心が弱い人がなるという誤解をされている人もいますが、脳の病気なので、明るく元気な人でもかかります。私自身もうつ病について誤解をしていて、重症化させてしまったので、今回、自分の体験をさらけだして書くことで、うつ病の意外な兆候にも気づいてほしいと思いました」



 丸岡さんが、うつ病を悪化させた要因のひとつが薬を拒絶したことだった。



「精神安定薬や抗うつ薬を飲むと、人格まで変わってしまうのではという思い込みがありました。そして医師には処方された薬を飲んでいないのに“飲みました”とウソをつき、どんどん病状を悪化させてしまいました。私が薬嫌いになったのは、薬の話は医学書にしか書いてなくて、難しく、副作用が恐ろしいイメージがあったからです。そのため、この本では、うつ病体験者であり、カウンセラーでもある視点から、薬についてもわかりやすく解説しています」


あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2018年3月3日の芸能総合記事
「丸岡いずみ、うつ病体験をさらけだす「うつ病の意外な兆候にも気づいてほしい」」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    内臓が弱っている人もなりやすいです。 血の巡りによって脳に影響し、鬱になってしまう。皆さんご自愛下さいね。

    6
  • 匿名 通報

    精神障害2級です。話し聞いて投薬で終わりの、内科から精神科になった医師には要注意。医師履歴確認して!鬱は障害支援の対象です。自ら支援に協力的な医師にやっと出会えました。

    2
  • 匿名さん 通報

    私は鬱だが、此処exciteにコメントを残す人の、数割かは自己診断で同じような感覚を持ち合わせているのではないかと疑っている。色々な意味で先ず自分自身を受入れようと思っています。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「中村江里子」のニュース

次に読みたい関連記事「中村江里子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「雨宮塔子」のニュース

次に読みたい関連記事「雨宮塔子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「神田愛花」のニュース

次に読みたい関連記事「神田愛花」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。